ネクトンが期間限定並みの「納得」価格♪

すぐに届きました。気休めでも良い状態になればと与えてみて1年経過。あと関係あるかはわかりませんが他鳥に攻撃的だった子が穏やかになりました。

こちらになります!

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

ネクトン賞味期限:2019/2/28ネクトンS 35g【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

先生はサプリメントに関しては、あまり国産はお勧めできないとのこと、一押しはこの「ネクトンS」でした。残ったものは他の文鳥の今後の健康維持に役立てます。写真は!賞味期限切れのもの(左)と今回購入したもの(右)を並べてみました。翌日から少しずつ元気になり!5日経った頃にはもしかしたら助かるんじゃないかと言う程に元気に跳ねたりしてました。その時ペレットも勧められ!ぺレット移行期はこれで栄養補給しましょうという事でした。粉自体には甘い柑橘系の香りがありますが、添加する量が少ないので、鳥達は気にせずに普通に飲んでいます。保管は冷蔵庫!ネクトン以外は青菜と粟穂も栄養補助としてあげています。インコの抜け毛もすっかり治っています。動きが鈍くなってからは便秘も酷くなりお尻のマッサージなどもしていました。1羽がふくれて調子が悪く、1羽は羽が抜けて元気がないので購入してみました。が!やはり時すでに遅し!7日目に亡くなってしまいました(号泣) 八歳の文鳥で!結構歳の割にはかなり闘病生活に耐えてくれました。今は飛んでもケロっとしています。入れ物の封にツマヨウジでポチっと穴を開けて!使うときは穴からトントンして少量を出すようにしています。病院に行ってから1ヶ月も経とうかと言う時で瀕死の状態、誰が見てもいつ死んでもおかしくないくらいの様子でした。シードだけでは必要な栄養が40パーセントしか摂れないと獣医師から指導を受けました。今のところ効果のほどがわかりません。が、セキセイ1羽の換羽が梅雨頃から始まって真夏になっても終わらず、体力が落ちているようには見えないけれどいつもに比べたら遅すぎるスピードの理由を考えたら、ネクトンを使っていないからかな?と思い至ったのです。飼い主の私にとっては!最後のインコかもしれません。良心的な鳥専門の獣医さんもお勧めくださるのでいちおし間違いなしだと確信しています。治癒力を高めるために!欠かさず食べてもらいます。まだ黄色腫は小さくはなっていませんがあんなに硬く黄色だったものが血色の良い色で柔らかく変化しています。愛鳥ごかなり重症になってからこれを知りました。新しいものは黄色の粉でサラサラすが!古いものは茶色でダマになっていました。色は黄色で!匂いはビタミンB特有のパイナップルの様な若干甘さの有る感じです。使い始めたばかりなので、効果はまだですが、獣医さんのお墨付きということで、安心してつかうことができました。もちろん!古いものは写真を撮った後すぐに捨てました。青菜嫌いで与えていましたが!肝臓や腎臓が悪くて薬を処方されていますが!先生もまさにこのネクトンSを処方しようとされて!すでに使っていると伝えると!それは良いわとの事でした。野菜嫌いの上ひまわりの種だけを選んで食べるインコなので!ペレットもおやつさえ食べず両翼にキサントーマまで出来てお手上げ状態でした。早く出合えなかった事が悔しいです。合わなければ元の真水にもどす事も検討しています。保存は冷蔵庫で、と、里親さんに教えられました。10歳になるコザクラインコに使い始めて2週間経ちます。若鶏の方はペレットも食べるので変化はわかりませんが、好き嫌いの多い老鳥にはとても良いようなので期待してこれからも購入し続ける事と思います。感謝しています。動物病院で頂いた抗生物質だけでは心配でした。鼻水はとまり!顔のよごれ!目の周りの脱毛も治りかけています。実際!添加した水を舐めてみましたが!味はありませんでした。生後6か月のセキセイインコが多尿で鳥を診てくださる獣医さんにかかっています。水がとても痛みやすくて!1日でも水交換を忘れてしまうと!水入れの中がヌルっとして!水に白いモノが浮いてしまいます。病院通いに始まり!シードしか受け付けないので!ネクトンを与えています。換羽の場合はBIOなのですが!もう終わる頃合だったため普段使いのできるSを購入しました。)はじめて買った時はセキセイが11歳で調子も悪く、肥満でもないのに軽く飛んで息が上がるくらいでした。与えた頃、インコ達は換羽中で怠そうな感じでしたが、今では元気です!ネクトンのオカゲでしょうか?シード食の子はこういった栄養剤を与えたほうがよいと知って、飲み水に混ぜて与え始めました。ネクトンを最初から知っていたら結果はもしかして違っていたかも?と思える程飲ませた時は変化がありました。シード食のインコちゃんには必須です。よく寝るようになったものの起きて遊ぶ時はとても活発です。以前いたインコは偏食家だったので使えませんでしたが、今回は雛なのでなにも考えずグイグイ飲んでます。使っているときにはコレという効果は見えませんでしたし!サプリメント過剰で内臓を壊すのも怖いと思っていたのですが!今回のようなことがあると効果が分かりますね。開口呼吸がひどくて、毎朝生きているか心配でしたが、一歳の今、非常に丈夫になりました。与えて2週間近く経ちます。次は4個目のリピです。そのう炎で掛かった鳥専門病院で薬とともに出されたのがこれでした。我が家のセキセイはシード食です。。(飼い主が歳なので、インコを残しては死ねませんので)精一杯の愛情を込めて、ネクトンをふりかけてます。鼻水垂らしてキュッキュと呼吸音のあらいインコちゃんのために購入。この冬は抜け毛も酷くもうダメかなぁ?と思いつつネクトンSを水に溶かし与え続けました。昔と違い!今は良い餌が手に入るし!なによりネクトンの存在は成長期の体質改善に効果があったと思えます。セキセイインコの雛を飼い始めて、健康管理に気をつけようと思い購入しました。たまにネクトンB-コンプレックスも・・水の色で怖がることはうちの場合はなかったです。毎日4羽の鳥さんに与えるには大きなサイズを買った方がお得なのでしょうが!小さいサイズのほうが使いやすくて鮮度(湿気など?)を考えると良いような気がします。ウチの鳥達の里親さん宅で使っておられたので、購入してみました。うちのオカメは特に悪いところは無いのですが!なんせシードが大好きで!ペレットはほんの少しつまむ程度なので!ビタミンなど摂れているのか心配でした。続けていこうと思います。においがきつくて最初ちょっと飲みませんでしたが!他に水を入れないでいたのでやがて飲みました。全く人間の介護とおなじでした。きっと!鳥達の身体にも良いのだ!と信じて続けてみようと思っています。それまでシードと野菜のみでしたが!与え始めてから3年前の毛引きで腰毛のところ!コザクラノーマルでいうとブルーの部分が毛引きのせいで毛穴が破壊されたのか羽毛が少なくなってしまっていたのが!突然生えてきてびっくりしました。水に溶いて醤油のたれビンに入れて飲ませていました。ほぼ一人餌に近いセキセイを”多分・・・病気・・・あるいは虚弱体質・・良くない餌でここまで来たかな・・・”とわかりつつお迎えしました。元気モリモリです。いつ気づくんだろう(笑)(補足その後12歳半で亡くなりましたがネクトンSを与えたことで最後まで元気に過ごしていました。水に溶かすと少し濁ったような感じになります。保温室に隔離されてから35日間、抗生剤投与も薬の種類を三回変えて、あまり食の進んでない時は流動食をたれビンで飲ませていました。適正な使用量がよく分からないのですが!アルミの内ぶたに楊枝でひとつ小さ〜な穴を開けて!7振り程溶かしています。悪くなりやすいとのことですので!12時間ごとに取り換えています。一ヶ月でキサントーマ(黄腫)が何故か赤みがさし、そこからポツポツと羽毛がたくさん出てきています。うちのオカメインコのかかりつけ医の先生に!定期検診の時に!サプリメントの質問をしました。怖がりな子ですがめずらしく普通に飲み始め!今では元気いっぱいです。(そもそも、使えないものをとっておかないで早く捨てるべきだったのですけど・汗)ネクトンを使う皆さんには、賞味期限というよりも、「開封してからの使用期限」およびその間の「保存方法」をしっかりと管理して欲しい、そういう思いで写真を撮りました。愛鳥さんのために出来ること!しっかり肝に銘じたいと思いました。ある鳥専門医が言うには、飼い鳥に必要なビタミンは、赤・黄・青の野菜など各親指第一関節分なんだそうです。以前に購入した品の賞味期限が切れた後は、たくさん余っているけれど使えないし、かといって捨てることも新しく購入することもしないで、ただ仕舞ってありました。一応ペレットもあげているけどほとんど食べず、青菜も毎日与えていますがほとんど食べないため、ビタミン剤(ネクトン)も投与することを検討し、やっと購入しました。さすがに毎日それだけ与えるのは無理なので、買って正解でした。老衰で亡くなった時もすっと穏やかでした。同じ商品が若干お安いお店もありましたが!買い置きも使い果たし1〜2日でネクトンSがなくなりそうだったので信頼のおけるお店に注文にて正解でした。でも!以前!鳥を健康診断に連れて行ったところ!ソノウにわずかに菌がいるとの事で!獣医さんより『ネクトンS』を薦められました。それで、今までのものをスッパリと止めてネクトンSに切り替えました。何十年もインコ達に癒されてきたことへの感謝の気持ちで、「出来るだけのことをして元気にしてやる!」と決意。シードにふりかけて与えている方が多いようですが、私は飲水に入れてネクトンを与えています。ふくれていた一羽は徐々に元気になりましたが羽抜けの子はちょっと合わないのか余計ストレスなのか調子悪いです。ただ、1羽・2羽の少数飼いには、35グラムでもちょっと量が多いかも。水に混ぜて毎日新しいものを入れてやっています。心なしか艶も出たような。